スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

50代に入り、強度の遠視で(元々右目が弱視のためか、驚くほどの進行)
本を読むことがめっきり少なくなり、久しぶりに買って読んだのが、
天童荒太の「悼む人」です。
直木賞をとっただけあって、読みやすいけれど、奥が深いというか
内容の部分部分で、登場人物の考え方や感じ方のどこかに、
すっきり自分が納まるというか・・・感動!というのではない何か・・・・
納得というか共感というか・・・・

生きていること愛していること、死んでいくことやその重さ・・・・大きなテーマの中
とてもわかりやすく、今の私に、一番身近に感じられた言葉は
「いろいろなことに柔軟でいい、でないと、続けられなくなる。」
今、いろいろ頑張ってる私には、この言葉が、ふわ~っとベールがかけられるように
かぶさってきて、張り詰めてたものが緩く楽になりましたね。
楽~うな気持ちで長~く続けて、いつか結果が出せればいいかな・・・と
結果が出なくてもマアいいかな・・・っと
自分の人生の中では自分が主人公だから・・・(あれ?これってさださんの)

だから、昨日のリーグの悔しさ引きずって、ギンギンに燃えちゃうのもありかなって
なんせ、燃えたことないもんね・・・結果が恐くてさ・・・
どんな結果でも、柔軟に、これも有りって認められる自分もありかも・・・
そこからパッと立ち上がれるのも有り・・・
ゆっくり立ち上がるのも有り・・・
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

ぼーる先生

Author:ぼーる先生
都内在住の50代主婦。結婚前4年間保育士(当時は保母でした)
として公立保育園に勤務。結婚28年、子どもは27歳、25歳の息子
&20歳の娘。現在、平日2時間の延長保育のお手伝いアルバイト。
趣味は社交ダンスとボウリング。さだまさしの曲と西岸良平の漫画を
こよなく愛してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。