スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな話・・・パートⅡ

昨日
0才児のYちゃんのお母さんの代わりに
お迎えにきた来た卒園児Mちゃんのお母さん
一緒について来たMちゃん
ワタシが会ったのは、
たぶん卒園以来初めてのこと
3年生になってるのかなぁ~Mちゃん

0才の時からずうっと
我が強くて我が儘で
気が強くって
思いどうりにならないと
全く、手がつけられないほどのへその曲げ方で
「もう一人、赤ちゃん欲しいね」
と、言ったお母さんを
3才違いのお兄ちゃんが
「又、Mみたいな子が生まれてきたらどうするの!」
と、諭したという・・・曰くありの子

個性が強かった
それだけに・・・?
心を許した相手とは、反発しあい、
お互い本音を出してぶつかりながらも
密な関係を作れた子

そのMちゃんが、
見た感じは、すっかり、しっかりお姉さん
でも・・・きっとお転婆なんだろう・・・
松葉杖をついていたので
「どうしたの?」と訊ねたら
「プールで飛び込んで骨が折れちゃった」と、
恥ずかしそうに言っていた
その言い方が
確かに、Mちゃんだった・・・"^_^"

木曜日にボウリングの練習の時
端のレーンで投げていた家族連れのお母さんに
見覚え有り・・・でも、子ども3人のうち
見覚えのある子が一人もいなくって
「アレ~、誰だっけ??」と、
  ずっと頭の隅で気になっててモヤモヤ

昨日、お風呂で思い出した
ヤッパリ、保育園の子だ!
お姉ちゃんは、
ワタシが働き始めた時4才児クラスにいて
一番下のYっ君は、1才で入園
でも、お姉ちゃんの卒園とともに
3才児クラスになる前、転園してしまったため
赤ちゃん顔しか知らないから
小学生顔では、わからなかった訳で
そっか~
すぐ、思い出せば
よぉく、顔を見といたのになあ・・・と、後悔
Yっ君大好き先生がいて
可愛いだけだったYっ君が、だんだん腕白になっていって
その先生の言葉が忘れられない
「Yっ君も、天使じゃなくて、普通の子だったわ」

そんなこんなで
一頻り、卒園していった子たちのことを思い出し
ワタシが働き始めた時、
0才児クラスだった子らは
・・・え~、もう4年生なんだ~





スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

ぼーる先生

Author:ぼーる先生
都内在住の50代主婦。結婚前4年間保育士(当時は保母でした)
として公立保育園に勤務。結婚28年、子どもは27歳、25歳の息子
&20歳の娘。現在、平日2時間の延長保育のお手伝いアルバイト。
趣味は社交ダンスとボウリング。さだまさしの曲と西岸良平の漫画を
こよなく愛してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。