スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やせ信仰

昨日の読売新聞の記事

若い女性のやせ信仰は、妊婦になっても
変えられず・・・
妊娠中も太りたくないという願う女性が増え
その結果、低出生体重児が、10人に1人を占め
先進国で、こんなに増えているのは日本だけだって
…小さいだけならまだいいけれど
妊娠中の、胎児の栄養不足は
成人後に高血圧や糖尿病などの
生活習慣病を引き起こすとされる。
これは「生活習慣病胎児期発祥説」と呼ばれ
この、説を裏付ける国内外で多くの研究結果が出てるとか
低出生体重児は、12歳の時点で
動脈硬化の危険性を示す指数や、中性脂肪の指数が
正常体重の子より悪い傾向にあり
胎内の低栄養の影響が、10才代で表れてる
更に、コワイとこは
胎児期に、低栄養にさらされた体の変化は
本人だけでなく、孫の世代にまで
影響をおよぼすと言われていて
こんなんじゃ、困難じゃ・・・
日本人…将来大丈夫なんじゃろうか…(ーー;)


妊娠しても、長年の偏った食習慣は
簡単に変えられない女の子(?)
アレコレとアドバイスしてくれる人もなく
アドバイスされても聞く耳持たず・・・

「やせ=美徳
  という風潮は
 社会全体が改め、国は女性の職の重要性に関する
 調査や教育に力を入れるべき」
   by 読売新聞

これって、日本の未来のために大切なことでしょう
女性は、大事なんです!
それを、自分でも意識しなければいけない!
少なくても、これから赤ちゃんを産もう!
…と思ってる女性は
そのことは、その子どもに、そして又その子どもに
繋がっていくわけで
だから、「ワタシの勝手でしょ!}
それは・・・絶対!ダメ!

どうしても仕方のない不幸や、病気ではなく
自己満足のためだけだったり
お腹の赤ちゃんのことを考える
何の努力もしなかったりで
健康を害したまま、大人になってしまうかもしれない
赤ちゃんにしないでほしい
大事に大切に、お腹の中で慈しんで
しっかり育てて生んで欲しい

私自身、3人の子を産み育てていく中で
お腹の中で子を育てるという
神がかり的な経験は
自分の人生にとって、最も重い貴重な経験で
このことで、たぶん人生観、生き方も変わった
・・・と思うし

せっかく
女性に生まれて、妊娠できて
だから、大事にして欲しい
…切に願う次第なのです
スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

コメント

Secret

プロフィール

ぼーる先生

Author:ぼーる先生
都内在住の50代主婦。結婚前4年間保育士(当時は保母でした)
として公立保育園に勤務。結婚28年、子どもは27歳、25歳の息子
&20歳の娘。現在、平日2時間の延長保育のお手伝いアルバイト。
趣味は社交ダンスとボウリング。さだまさしの曲と西岸良平の漫画を
こよなく愛してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。